RADIO HAAFUU~愛と礼儀!涙と感謝!

M-1グランプリナレーター畑中ふう、ミュージシャン打越元久、クリエイター大西がお届けするRADIO HAAFUUブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

政治の姿はどうあるべきなんやろか?

7月19日産経新聞朝刊「単刀直言」での
与謝野馨「たちあがれ日本共同代表」(共同なんや・・・)の
幾つかの発言より・・・

●民主党の国会運営は荒すぎた。自民党が多数を占めていたとき、
 野党の言い分を十分聞いて採決した。

そんな印象あんまりないけどなあ。
強行採決シーンばかりがメディアで目立ち、目立たせ、
「丁寧な国会運営がなされていた」という印象がない。

「丁寧な国会運営」とはすなわち「退屈な国会運営」ということか。
居眠りができるような、ということなのか。

●民主党はオーソドックスに自民党や公明党に政策協力しよう、というのが
 一番、国民のためだよ。

いろんな綱引き、我田引水、相手にアドバンテージを与えない・・・など、
「国民のため」に政治をやってるようには全く見えんわな、確かに。

特に民主党政権になって、与党慣れしていないからといういい訳か、
なんや知らんが、「自分達は正しいことをやっている」と、
自己弁護が目立ったよなあ。

国民を、野党を納得させる、説得する、なんて演説や言葉は聞こえず、
「いや、わしらは正しいねん。自民党がおかしいことばっかりやってきてん」
てな話ばっかりやったように思うなあ。

しかし「国民のため」とは、そこに「国家ありき」という意味で
与謝野さんはいうたはるんやろか?

とにもかくにも「国なくして国民なんてありゃせん」のは
間違いないはず。国民の前に市民があるはずもない。

「国家・国民」というものを、今一度理解せんと、
結局、大衆迎合な政策ばかりが目だってしまうと思う。

●みんなの党は政策に整合性がなく、実現可能性はほぼゼロに近い。
 票目当てのデマゴーグだ。あれが日本流の考え方だとしたら、
 日本国は間違いなく滅びる。

テレビではっきり言うて欲しい。で、議論になればいいのに。
「デマ」なのか、そうでないのか。
でないと僕にはよう分らん。

ただ、渡辺代表の語り口、「アジェンダ」だの、言い切り型だの、
あれは「怪しいぞ?」と感じたりはするなあ。

短い言葉で言い切るのは国民には届きやすい・・・いや、誘導しやすい、
なんてマニュアルがあり、それを取り入れての語り口のように思う。

小泉Jrだのというのは、親の影響か、実はさほど深く考えないタイプだからか、
あの言い方が様にはなっていて、こいつはひょっとすると飛とたらしの才能が
あるタイプなのかもしれない、と僕は疑ってます。

ま、政治家にはそんあ才能も必要だとは思うので、
彼がリーダーになるのなら、優秀なサブが必要、いや、かなり優秀な
人が側にいてくれないと危なっかしくて仕方ない。


政治家に豪腕を期待しますか?優しさを望みますか?

政治家の特性とはなんやろか?

ある意味「詐欺師的」に他人を翻弄できる能力もいりそうやし、
実直さ誠実さもいるやろうし、強引さも、胆の据わりもいる・・・
かなりの多重人格者でないと務まらん・・・?

色んな意見に「配慮」しすぎて、
色んな意見があってこその民主主義なのかもしれないが、
どこかメディアや大衆はスーパーヒーローを待望している、
そんなヒーローなんておりゃせんのに、
完璧なリーダー像をイメージしてしまっている???

もしそうならば、まるで虎視眈々と・・・表現は違っていそうだが・・・
スーパーヒーローの出現を無自覚にも待っているのならば、

最初の印象で、そんな感じの政治家が現れたら、
一気に、怒涛のように、そこへ流れ込んでいきそうな・・・

まるで梅雨の末期の激雨のような・・・

小泉純一郎は、それに近かったのかもしれません。

なんか、バランス悪いよなあ・・・今。
  1. 2010/07/21(水) 16:50:58|
  2. 品のある本音
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。