RADIO HAAFUU~愛と礼儀!涙と感謝!

M-1グランプリナレーター畑中ふう、ミュージシャン打越元久、クリエイター大西がお届けするRADIO HAAFUUブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セレブ・・・

歴史家、ダニエル・ブーアスティン・・・誰や知りませんが
・・・の1961年の著書「幻影の時代~マスコミが製造する事実」の中で、

「セレブとは、有名人であることで有名なだけの人物」
と定義しているそうだ。


そしてそれを「アメリカの退化を示すもの」の一つと論じているそうです。

「アメリカ人が現実そのものより現実のイミテーションを好み、
 中身はなくても、あるフリをすればいい」と考え始めた時代・・・ですと。

さらに!!
ここからがおもしろい。

「ひたすら宣伝目的のみで行われる記者会見や写真撮影会、
 映画の特別上映といった仕掛けを『擬似イベント』」と呼んだそうです。

なんか、思い当たる節がある・・・

で、この場合、「セレブは歩く擬似イベント」であり、
売名行為でスポットライトを浴びる空しい存在・・・ですと

で、この話は昨年のNewsweek12/23号の記事のひとつであります。
記事では、この後「もっと新しく、もっと好意的な定義」を展開していきます。

いわく、
「今のセレブは、かつて古いメディアが果たしていた機能の多くを
 新しいやり方で担っている」

「時に現実から目をそらすとか、人間の弱さに目を向けるとか、
 みんなの一体感を生み出すような共通の経験を提供するといった機能」

として、今のセレブがあると。

ふ~ん

で!挙句に!

「セレブは21世紀の偉大なアートの一形態と言えなくもない」

わからんわ~・・・セレブがアート

アートかどうかは別にして、
読み進んでいくと、どうもこういうことみたいです。

つまり、

セレブになれるのは、生き様に物語がある人たちで、
その物語とは、波乱に満ちた人生、成功も家族との不和も奇行も、
美容整形も薬物使用も、そしてその死でさえも・・・。

「その私的な行動で『私達』を楽しませてくれる」のがセレブ・・・。

しかもその「ショー」は銀幕や舞台の上でなく、
人生というメディアで演じられ、それを別のメディアが広める。
メディアあってのセレブなのだ・・・

理解できます?

「厳密に言えば、セレブと呼ばれる人物に物語があるのではない。
 共演者を含めたセレブという現象自体が物語なのだ」

つまり・・・と書きながら、
全然「つまり」に要約できん

「今や彼らの私生活自体が大きな娯楽対象なので、俳優であることは
 単なるおまけになったという人がいるかもしれない」

このでの「俳優」とは、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのことである。

さて。
こららの分析は今の日本にもあてはまりますわな。

芸人も私生活を切り売り・・・暴露ネタ・・・してたりすますが、
そこに「物語」がまだないのでセレブにはならない。

しかし芸人がセレブになんてなってしまったら・・・

大阪人としては、ちょっと吐きそうになるかも。。。





スポンサーサイト
  1. 2010/07/30(金) 16:23:15|
  2. 品のある本音
  3. | コメント:0

今日のお知らせ・7/30(金)

気が付けば7月も終わりですね。(月末のご挨拶)
学生諸君は「俺7月中に宿題終わらすもんね♪」という
公約は守れましたか?(大体守れません)
受験生は必死こいて頑張って!
マクドやらミスドで単語カード見るんやったら
図書館に行ったほうがいいよ?
もっと頑張らなって思えるから!(2浪からのアドバイス)

さて、いよいよ明後日!
畑中ふうオススメのアーティストを一堂に集めた
あのイベントがついに開催!!

【FUU Recommend Live !
 ~このミュージシャン、えぇんちゃうん!?】


今はまだ有名ではないけれど、
「ほ、ほんまにえぇんちゃうん!?」
と畑中ふうが激しくオススメするアーティストを
紹介するライブ!

日時:2010年8月1日(日) 17時30分オープン 18時スタート
場所:大阪中津 LiveSpace Vi-code(大阪市北区中津3-1-19)
   ※阪急中津駅下車・高架沿いに徒歩2~3分
 
出演:Anwish/作人/かとうかなこ/大森ヒデノリ
MC:畑中ふう 打越元久(RADIO HAAFUU)

詳細はhaafuu.com特設ページでどうぞ!


たくさんのご来場、本気でお待ちしております!!

【最近更新したブログ】

アラ50オッサンの往復書簡的な!』何故、その表現にしたのか!?

打越・ふうの携帯日記』は随時更新!
  1. 2010/07/30(金) 15:09:21|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

朗読実験 in 黒目画廊

先日のお知らせで書いた「黒目画廊」での朗読実験。
昨晩編集が終わったのでYoutubeにアップしました。

『朗読実験 in 黒目画廊』
畑中ふう/野中政宏/中村郁/A4カルビ/市内関係


改めて見ると、なぜか見入ってしまう。
もしかしたら非日常なカオス空間と重なり合う実験的な
語りに魅入られているのかもしれない。

ぜひご覧ください。
  1. 2010/07/30(金) 14:34:26|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

今日のお知らせ・7/28(水)

ブルームギャラリーでの動画を編集する前に
実は一本やっておかなければならない動画がある。

7月17日に大阪・西九条の黒目画廊という「市内関係」の
アジトで行った朗読実験。

場所も刺激的なら内容も刺激的。
それを経てのブルームギャラリーでの朗読。

現在どう構成するか頭を悩ませておりますがな。
これもまたYoutubeにアップしたらお知らせします!

イベント続きなわけですが、今度の日曜日もビッグイベント!
このイベントはぜひ皆様に来てもらいたい!!

【FUU Recommend Live !
 ~このミュージシャン、えぇんちゃうん!?】


今はまだ有名ではないけれど、
「ほ、ほんまにえぇんちゃうん!?」
と畑中ふうが激しくオススメするアーティストを
紹介するライブ!

日時:2010年8月1日(日) 17時30分オープン 18時スタート
場所:大阪中津 LiveSpace Vi-code(大阪市北区中津3-1-19)
   ※阪急中津駅下車・高架沿いに徒歩2~3分
 
出演:Anwish/作人/かとうかなこ/大森ヒデノリ
MC:畑中ふう 打越元久(RADIO HAAFUU)

詳細はhaafuu.com特設ページでどうぞ!


【最近更新したブログ】

RADIO HAAFUU反主流』Vol.143「お米にまつわる衝撃的な現実と事件」

アラ50オッサンの往復書簡的な!』ふんどしバー、刺青。

打越・ふうの携帯日記』は随時更新!
  1. 2010/07/28(水) 18:17:40|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

今日のお知らせ・7/26(月)

先週の金曜日にブルームギャラリーで開催された
朗読イベント、かなりいい感じでしたよ!

今回はレポート書かないでおきます。
色々どう伝えようか考えたんですが、
これは映像で見たほうがいいんじゃないか?
と思ったりもしたもんで。

後日改めてYoutubeにアップします。
そのときはまたお知らせしますね。

さて!
いよいよ今度の日曜日、噂のイベントが!!

【FUU Recommend Live !
 ~このミュージシャン、えぇんちゃうん!?】


今はまだ有名ではないけれど、
「ほ、ほんまにえぇんちゃうん!?」
と畑中ふうが激しくオススメするアーティストを
紹介するライブ!

日時:2010年8月1日(日) 17時30分オープン 18時スタート
場所:大阪中津 LiveSpace Vi-code(大阪市北区中津3-1-19)
   ※阪急中津駅下車・高架沿いに徒歩2~3分
 
出演:Anwish/作人/かとうかなこ/大森ヒデノリ
MC:畑中ふう 打越元久(RADIO HAAFUU)

詳細はhaafuu.com特設ページでどうぞ!


【最近更新したブログ】

アラ50オッサンの往復書簡的な!』東の空より~言葉の意味

打越・ふうの携帯日記』は随時更新!
  1. 2010/07/26(月) 20:22:05|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

今日のお知らせ・7/23(金)

あと10分ほどで事務所を出なくてはならない!
・・・な~んでかっ!?(from堺すすむ)

それはね・・・本日夕方5時からギャラリーでイベントが
あるからなんです!

【ギャラリー・イベント
   「Bloom Young Photo Exhibition」】


若手写真家のグループ展にて、ナレーター畑中ふうと
中村郁さんが写真に「語り」でコラボ!

日時:2010年7月23日(金) ギャラリーオープン 12:00~19:00
※ナレーション開始時間 17:00~/17:30~/18:00~
               18:30~/19:00~
(時間は変更になる可能性もあります。ご了承ください。)
場所:十三・新北野『ブルームギャラリー
   (大阪市淀川区新北野1-11-23 ハイム北野 B103)
写真作家:川崎輝正、武田聡、名古根美津子、西垣佳奈子、錦織圭吾(敬称略・50音順)
ナレーター:畑中ふう 中村郁(キャラ)
詳細はブルームギャラリーオフィシャルサイトでどうぞ!


ぜひぶらっと遊びに来てください!

【最近更新したブログ】

らじおふう3rd』野乃鳥ラジオVol.1「店長實盛の一言とお知らせ」

打越・ふうの携帯日記』は随時更新!
  1. 2010/07/23(金) 15:58:07|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

政治の姿はどうあるべきなんやろか?

7月19日産経新聞朝刊「単刀直言」での
与謝野馨「たちあがれ日本共同代表」(共同なんや・・・)の
幾つかの発言より・・・

●民主党の国会運営は荒すぎた。自民党が多数を占めていたとき、
 野党の言い分を十分聞いて採決した。

そんな印象あんまりないけどなあ。
強行採決シーンばかりがメディアで目立ち、目立たせ、
「丁寧な国会運営がなされていた」という印象がない。

「丁寧な国会運営」とはすなわち「退屈な国会運営」ということか。
居眠りができるような、ということなのか。

●民主党はオーソドックスに自民党や公明党に政策協力しよう、というのが
 一番、国民のためだよ。

いろんな綱引き、我田引水、相手にアドバンテージを与えない・・・など、
「国民のため」に政治をやってるようには全く見えんわな、確かに。

特に民主党政権になって、与党慣れしていないからといういい訳か、
なんや知らんが、「自分達は正しいことをやっている」と、
自己弁護が目立ったよなあ。

国民を、野党を納得させる、説得する、なんて演説や言葉は聞こえず、
「いや、わしらは正しいねん。自民党がおかしいことばっかりやってきてん」
てな話ばっかりやったように思うなあ。

しかし「国民のため」とは、そこに「国家ありき」という意味で
与謝野さんはいうたはるんやろか?

とにもかくにも「国なくして国民なんてありゃせん」のは
間違いないはず。国民の前に市民があるはずもない。

「国家・国民」というものを、今一度理解せんと、
結局、大衆迎合な政策ばかりが目だってしまうと思う。

●みんなの党は政策に整合性がなく、実現可能性はほぼゼロに近い。
 票目当てのデマゴーグだ。あれが日本流の考え方だとしたら、
 日本国は間違いなく滅びる。

テレビではっきり言うて欲しい。で、議論になればいいのに。
「デマ」なのか、そうでないのか。
でないと僕にはよう分らん。

ただ、渡辺代表の語り口、「アジェンダ」だの、言い切り型だの、
あれは「怪しいぞ?」と感じたりはするなあ。

短い言葉で言い切るのは国民には届きやすい・・・いや、誘導しやすい、
なんてマニュアルがあり、それを取り入れての語り口のように思う。

小泉Jrだのというのは、親の影響か、実はさほど深く考えないタイプだからか、
あの言い方が様にはなっていて、こいつはひょっとすると飛とたらしの才能が
あるタイプなのかもしれない、と僕は疑ってます。

ま、政治家にはそんあ才能も必要だとは思うので、
彼がリーダーになるのなら、優秀なサブが必要、いや、かなり優秀な
人が側にいてくれないと危なっかしくて仕方ない。


政治家に豪腕を期待しますか?優しさを望みますか?

政治家の特性とはなんやろか?

ある意味「詐欺師的」に他人を翻弄できる能力もいりそうやし、
実直さ誠実さもいるやろうし、強引さも、胆の据わりもいる・・・
かなりの多重人格者でないと務まらん・・・?

色んな意見に「配慮」しすぎて、
色んな意見があってこその民主主義なのかもしれないが、
どこかメディアや大衆はスーパーヒーローを待望している、
そんなヒーローなんておりゃせんのに、
完璧なリーダー像をイメージしてしまっている???

もしそうならば、まるで虎視眈々と・・・表現は違っていそうだが・・・
スーパーヒーローの出現を無自覚にも待っているのならば、

最初の印象で、そんな感じの政治家が現れたら、
一気に、怒涛のように、そこへ流れ込んでいきそうな・・・

まるで梅雨の末期の激雨のような・・・

小泉純一郎は、それに近かったのかもしれません。

なんか、バランス悪いよなあ・・・今。
  1. 2010/07/21(水) 16:50:58|
  2. 品のある本音
  3. | コメント:0

今日のお知らせ・7/21(水)

窓全開、扇風機フル回転のハーフー事務所からこんにちは。
大西でございます。もちろんタンクトップでございます。

冷房ってあんまり好きじゃないんですけど、あまりに
えげつない暑さのときはスイッチオンでございます。
そんなときは改めて冷房の素敵な一面を見ます。
憎みきれないあんちくしょうな存在です(キュン☆)。

さて、今週金曜日は畑中ふうがギャラリーで朗読します!

【ギャラリー・イベント
   「Bloom Young Photo Exhibition」】


若手写真家のグループ展にて、ナレーター畑中ふうと
中村郁さんが写真に「語り」でコラボ!

日時:2010年7月23日(金) ギャラリーオープン 12:00~19:00
※ナレーション開始時間 17:00~/17:30~/18:00~
               18:30~/19:00~
(時間は変更になる可能性もあります。ご了承ください。)
場所:十三・新北野『ブルームギャラリー
   (大阪市淀川区新北野1-11-23 ハイム北野 B103)
写真作家:川崎輝正、武田聡、名古根美津子、西垣佳奈子、錦織圭吾(敬称略・50音順)
ナレーター:畑中ふう 中村郁(キャラ)
詳細はブルームギャラリーオフィシャルサイトでどうぞ!


たくさんのご来場お待ちしております!!

【最近更新したブログ】

RADIO HAAFUU反主流』Vol.142「iPhone4を持っている人、いない人」

打越・ふうの携帯日記』は随時更新!
  1. 2010/07/21(水) 13:34:20|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

菅総理の消費税発言、及び日本の政治家

消費税発言が参院選の敗北理由ではないと僕は思いますが、
そうならば、菅総理が「明確な意思」をきちんと示していたら、
結果は少し違ったかもしれません。

とにもかくにも「やるんだ!」「やらねばならんのだ!」という
意志を感じひんなあ、日本の政治家に。

意志は、それまでの知識、経験、ビジョン、目的などが
どれほど本気なのかによって固まるように思います。

使命感を感じてるんやろか?、菅総理及び歴代の首相は。

G20に出席して、財務省の官僚に
「日本もギリシャのようになる」と吹き込まれ・・・
いや、違うな、話を聞かされ、
「こらえらいこっちゃ!」と首相は感じた、
しかし、何故あのタイミングやったんやろう?

「税金を上げる話を国民にして唯一選挙に勝利した歴史的総理」
なんて自分を思い描いたのでしょうか?

意志ではなく功名心?
国家存続こそが日本国民のためである!
なんて考え方ではないのやろう・・・

ん?
どうなんでしょう?

僕らは余りに「平和な国」に暮らしてきたために、
「国家なんていらん」「国民がいればいい」というような
感覚になってはいないのやろか?

国あっての「国民」であるのは間違いありません。
国がなかったらかなり惨めです。

国がなくともよその国で生きていける、活躍できる才や
人脈があればええですが、そういうものを殆ど持たない、
多くの普通の人々は、どこにもいけない。

パレスチナの人達を気の毒だと思う。
イスラエルの国民も実は可愛そうなのかもしれない。

ずっと続く争いの理由は複雑で、
僕などには分らないけれど、
少なくとも「国家が機能」してれば、
国家がない、機能していない状態よりはマシそうです。

南アフリカは色んな問題を抱えています。
W杯をなんとか成功させ、「国家」として成立しているように
見えたけれど、その実はどうなんやろう?

権力と金が一部の者に集中しているところもありそうだし、
やはり教育を受けることができた者、
それなりに裕福だった者がさらに裕福にあっていそうだ、
或いは、腕力のあるやつが裕福になっていそうです。

「国家」とは、なんなんやろ?
なんて根本的な話をちゃんとして、
日本国民が、自分と国家の関係をリアルに考えられるようにならないと、
大衆迎合なだけの政治が続いていきそうです。

それは政治を面倒くさいと感じている僕にしても、
そして国民にしても幸福なことではないように思います。

「国家観」を持っていないと政治家を批判するのは簡単ですが。
「国家観」を議論し出せば、それこそ日米安保のあり方も変わる。

自前の軍隊で国を守る、という日本以外の国にとっての常識が
目の前にやってくる。

だから、そんな面倒くさいことは避けて、アメリカの傘の下の
心地よさに甘んじていたい・・なんてのが本音ならば、
それは姑息で卑怯な国民しか生み出していかないでしょう。

いや、それは国民としてなんて話やなくて、
まさに人間としてしょーもない人間しか生まれなくなります。
そんな人間が闊歩する、しょーむない胸を張って歩く国、社会、街・・・
想像したら吐き気がしてきそうです。

こんな話も、やがて「そんな社会」に麻痺し、
同じように僕も胸をはって、しょーむない顔付きで歩くように
なっているのでしょう。はぁぁぁ・・・。

いやいや、それが嫌だから、
このままでは嫌だ、と思う気持ちがどんどん膨らむわけです。

「意志」を持った政治家が、
表向きは、ええ顔をして実は腹では違うことを考えていて、
着々と「その意志の実現」に向けて総理の座に着いた・・・
なんてことが起こったら・・・いや、時々に起こってきたのかもしれない。

ならば「意志」の中身を問わなくてはいけません。
その役割を担うのがジャーナリズムでありますが・・・。

「消費税は是か非か」

「このままではどうにもならなくなる」なんて不安を煽り、
仕方なく消費税を上げました・・・なんて道はやめて欲しい。

「消費税及び日本の税体系」を「このような目的とビジョン」でもって
変えていくのだ、という意志を、計画を、示し議論してもらわんと、
なんとなく・・・なんてあまりない情緒的な、非合理的な、
そんな曖昧すぎることで、ええ未来がやってくるなんて、
ありえやせん。

意志とは、合理性であるとおも僕は思います。
「ブレ」は、考えが浅く、だから情緒に流され翻弄される、
ならば、例えば僕が、この先何かをしようとしたとき、
この言葉を常に胸に刻んでおきたいと思う。

ええ、もちろん僕は政治家には向いていないのでやりません^0^
自分の人生について、
「これをやらねば!」と思える、ささやかな行動・・・
そんな行動がとれるだけで幸せなことなんだと。

「やらねば!」が「やりたい!」に勝る力でありますように。


  1. 2010/07/20(火) 12:08:40|
  2. 品のある本音
  3. | コメント:0

今日のお知らせ・7/16(金)

iPadの登場で一気に加速しそうな「電子書籍」。
個人的にずっと興味はあったのですがいまいち分からない。
面白そうではあるな・・・と思っていたら、
幸せを運ぶイラストレーターのハピネス☆ヒジオカ氏が

「電子書籍の勉強会に行きませんか?(キリッ)」

と誘ってくれなすったので二人で行ってきました。

ええ、面白かったです。
関西のウェブデザイナーさんやら編集者さんやら
システム屋さんが14~5名集まって色々喋りました。
それぞれのポジションからそれぞれの視点で、
今後の展望やマーケティングについて語ったり
議論したり質問したり答えたり。

電子書籍は浸透していく過渡期なので、行く末は誰にも
分かりませんが、結局はコンテンツの価値と力なんですね。
大西も頑張っていこうと思います!

余談ですが、名刺交換をしたあと、ヒジオカさんが
名刺の裏にそれぞれの方の「似顔絵」をサラサラと
描いていることにびっくりしました。
「さすがやなぁー」と思いました。
畑中ふうと大西の似顔絵はヒジオカさんのブログからどうぞ!

【最近更新したブログ】

『ナレーションについて』改め、
アラ50オッサンの往復書簡的な!』登場!

打越・ふうの携帯日記』は随時更新!
  1. 2010/07/16(金) 17:51:31|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。